仙台で不倫が増えている?

HOME » 仙台で不倫が増えている?

仙台で不倫が増えている?

・仙台の不倫事情について
仙台では今、不倫を楽しむ人が増えていると言われており、パートナーに内緒で密かに行動している人がたくさんいるそうです。
それではどんな事情から不倫に至ったのか、まずはそのあたりからお話していきたいと思います。
まずはじめに不倫をすることに対して罪の意識を感じないのか?と感じる人もたくさんいるかもしれませんが、今不倫をしている人たちの中には様々な事情を抱えた結果不倫に至っているケースも少なくありません。

たとえば長年DV被害に遭ってきて、それに耐え続けた中で新しいパートナーになり得る人と巡り合えたというケースもありますし、もともとパートナーが不倫をしていて自分に気持ちがないことが分かっていてやってしまったというケースもあります。
また、お互いに不倫をしていることを知っていて公認している夫婦もいて、これは単純に婚姻関係を継続させたほうがお互いにメリットがあると感じているからです。
たとえば会社経営をしていたり、家柄の関係で離婚するとマイナスイメージがついてしまう可能性がある場合、お互いのリスクを考えて離婚だけは回避したいと考えることもあります。
そんなときに双方が合意のうえで新しいパートナーを見つけて不倫を楽しむということもあるのです。

このように不倫=悪いことというマイナスイメージはあくまでも一方的な見方であって、必ずしも正しい見方をしているとは限らないのです。
ただし不倫自体を肯定しているというわけではありませんし、たとえば純粋に愛を貫いているにも関わらず誠意を欠いた対応をするようではいけませんし、たとえ新しいパートナーとなり得るかもしれない人に巡り会えたとしても、そのときは誠実に対応する必要があります。
何事もメリハリがなければいけませんから、その辺りをはき違えないように注意しましょう。

▼ 目次

不倫ってどんなパターンが考えられるの?

次に不倫相手に巡り合うのはどのようなパターンが考えられるのか?というところですが、これにはいろいろなケースが考えられるため、ひと言でこれという言い方はできません。
と言うのも、不倫関係であろうと一般的な恋愛関係であろうと基本的な出会い方はそれほど変わりがありませんし、出会った時点では不倫関係をスタートさせようとしていることを知らないケースがほとんどだからです。
したがってスタートは純粋な恋愛感情からはじまっていることばかりなので、人それぞれ異なるルートになります。

しかし恋愛感情を抱くまでのコミュニケーションを取る必要がありますから、そこに至るまでのケースは一般的なカップルとは少し違う部分があるかもしれません。
なぜなら、不倫をしているということはどちらかが、あるいは双方が婚姻関係にあるということなので、一般的なカップルのように堂々とデートをしたり連絡を取り合ったりすることができないことがあるからです。
もしそれが周囲に知られてしまったら、あまり良い目で見られないでしょうし、場合によっては大きな非難の対象になってしまう可能性もあります。
したがって不倫関係をスタートさせるときにはお互いに内緒でスタートさせることが多く、デートもどちらかと言えばひっそりとした場所を選んだりすることがほとんどではないでしょうか?
また、不倫関係にあることを隠したまま継続していることもありますので、この場合片方がその関係性について認識できていないこともありますから、お互いの状況によっても不倫事情は変わってくるかもしれません。

不倫関係にあるカップルはどんなデートをするの?

それでは不倫関係にあるカップルはどのようなデートをするのでしょうか?
これはまず先ほども言ったように周囲の視線が気になる場合もありますので、できるだけ人目に付かないところでしたいという人たちがほとんどでしょう。
となると必然的に密室になれる場所がメインになりますので、ラブホテルやカラオケ、漫画喫茶などを利用する人が多いと思います。
またどちらかの家へ行ったり、車がある場合はドライブがてら遠くへ行ってデートをするという人もいるでしょう。
不倫しているカップルのデートも意外と多様化していますし、会える時間が限られている分かなり計画的にデートをするカップルが多いような気がします。
夫が帰ってくるまでの間しかデートができないということで、昼間にデートを重ねる不倫カップルもいますし、夜自宅に帰りたくないということで深夜にデートをする不倫カップルもいます。

このようにどれが正解ということはありませんし、不倫のデートはこうしなければならないという決まりは特にないのです。
ただ意識しておいて欲しいのは双方が納得できる環境を用意するという点で、不倫関係にあることはできるだけ理解し合っておいたほうが継続しやすいのは間違いないでしょう。
もしこれから不倫関係をスタートするならこのあたりのことを考えてみてください。