不倫に失敗したら

HOME » 不倫に失敗したら

不倫に失敗したら

・不倫をしたい人はどんなことが理由になっているの?
不倫と聞くと誰もがネガティブなイメージを持つでしょうし、してはいけないことというのは共通認識として持っているはずです。
法律的にも違法行為にあたりますし、不倫をしてみたいけど失敗するのが怖いからしないという人がほとんどでしょう。
しかし中にはリスクを承知で不倫に走ってしまう人もいます。
そんな人たちはどのような理由から不倫をしているのでしょうか?

まず不倫をする背景には恋愛的な部分で満たされたいという気持ちや、刺激的な出会いが欲しいという気持ちがあって、そういう出会いを求めて行動している人もいます。
たとえば習い事で異性との出会いがあったり、ジムや自分のよく行くお店などで出会いがあることもありますし、積極性があれば不倫をすること自体それほど難しいことではありません。
また、不倫をするにあたって今はとても良い時代になっており、特にインターネットの大幅な普及は不倫の拡大に大きな貢献をしていると言えるでしょう。
SNSサイトで異性を知り合うことは簡単ですし、出会い系サイトを利用して近くのエリアに住んでいる人と出会う人もいます。

・もし失敗したらどうする?
ただし先ほども言ったように不倫をする際にはリスクを覚悟しておかなければなりません。
もし不倫をしていることがバレてしまった場合、当然自分が悪いですからパートナーに対して謝罪しなければなりませんし、離婚協議になった場合は慰謝料を請求されることも想定されます。
離婚協議をするときには夫婦間での話し合いからスタートしますが、もしそこで話がまとまらなければ弁護士を交えて話をすることもできますし、離婚協議がうまくいかなければ離婚調停、離婚裁判へと発展していきます。
もしそのような事態になってしまうと弁護士費用がかなり高額になってしまいます。
離婚協議の場合はだいたい30万円程度までで収まると言われていますが、離婚調停に発展すると40万円〜70万円、離婚裁判になると100万円以上かかることもあるそうです。

このように不倫はリスクも高いことを認識しておかなければなりませんし、するのであればそれなりの覚悟を持って相手とも話し合っておく必要があります。
不倫をするにしてもできるだけバレない場所を選ぶ必要があるので、たとえばどちらかの家で会ったり、ドライブがてらどこか遠出をしてバレないような場所でデートをするなどの工夫をするといいでしょう。